ホーム > ソリューションと製品 > Sigma-ML

LTE & WCDMA: スマートフォン用無線ネットワーク測定ツール

Sigma-ML システム構成図

Sigma-MLはスマートフォンで動作する無線ネットワーク簡易測定アプリケーションです。FTP や HTTP を用いたファイル転送や Ping の送信を自動的に行い、スループット、電波状況(RSSI値)などを緯度経度の情報とともに測定します。

スループット測定

Sigma-MLは1秒毎にスループットを計算し最大値、最小値及び平均値を表とチャートに表示します。測定されたRSSIとスループット値はタイムスタンプ・緯度経度情報とともにCSVファイルにエキスポートできます。

コールコントロール

Sigma-MLには無線ネットワーク測定を考慮し、エアプレーンモードの切り替えを利用したコールコントロール機能が実装されています。測定開始時間を指定する機能やさまざまなテストケースを組み合わせてテストシナリオを作成する機能があります。

レイヤー1/2/3データサポート

オプションをインストールすると、Sigma-MLはL1、L2及びL3データを移動機から収集し、リアルタイムに解析・表示すると同時にSDカードに保存します。レイヤー3データはリアルタイムにデコードされるので、ユーザはすばやく解析がおこなえます。

さまざまなテストスタイル

FTPダウンロード/アップロード、HTTPダウンロード、音声通話発信、SMSテストなどさまざまな種類のテストを実行できます。